Hebiの日記

白い紙と暮らす日々

小春日和

 久しぶりの快晴が嬉しくて、長めの散歩。

まぶしい陽ざしに、枯れたエノコログサの穂先が金色に輝いていた。 

f:id:Hebi:20111204113946j:image