読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hebiの日記

白い紙と暮らす日々

よそゆきの声

時間的に帰るコールと思われる、夫からの電話に出ると、突然「あ、こんばんは」とほがらかに挨拶された。

声は夫のものなのに、あきらかによその人に呼びかける語調と声色。思わず絶句した直後に「あ、ごめんごめん今知り合いとすれ違って」とフォローがはいった。

もうずいぶん長いこと聞いていなかった「自分に対するよそゆきの言葉」に、一瞬時間がねじれて5年くらい前に接続されたようなめまいを感じて、自覚のないうちにずいぶん驚きやすくなった自分に気づく。

f:id:Hebi:20111205140326j:plain